誕生

医者「TOCさん、辛い闘病生活よくがんばりましたね。」



TOC「え!?それじゃあ・・・」



医者「はい。あなたの病気は完治しました。もうここへ来なくても大丈夫ですよ」




TOC「・・・。先生、本当にありがとうございました!」




医者「ただ一つだけ。この病気は再発の恐れがあります」




TOC「え!? そ、そんな!せっかく治ったのに!!
先生!どうすれば防げるんですか!?」




医者「再発したら今度こそあなたは本当に死んでしまうでしょう。
再発防止の方法、それは・・・」




-----------------------------------------

はい、冗談でーす。
というわけでTOCです!
前回の記事からちょうど1年経ちました。

本日2013年10月4日 金曜日
TOC Double A-side debut single
「BirthDay/Atonement」
無事リリースとなりました!!


まずはこの「TOC」というプロジェクトに関わった全スタッフに敬意を。
そして支援、支持してくれた同業&業界の皆様、家族、友人に感謝を。
昨年の10月4日のブログにて
ソロ活動のスタートを宣言してから一気に動きました。
本来もっと早くリリースする予定だったんだけど
中々、身辺整理に時間がかかり。
本当に出せんのかな?と不安になったりもしたけど、動いていく中で
Village Againとのディール
今作のpro.ZETTON氏との出会い
リリースが遅れたからこそ生まれた「誕生日デビュー案」など。
全ての歯車が噛み合い、良い方向に動き出した。
遅れた事も含めて全ては必然だったのかなと今は思います。

作品について少し解説をします。
まずは

「BirthDay」
http://youtu.be/58HFVZEkifg

文字通り「TOC誕生、始動」というテーマです。
誕生日にリリースするという案を閃いたと同時に考えついたテーマ。
そして映像もすぐに頭に浮かびました。
映像テーマは「一人きりのBirthday Party」
俺ね、昔っから自分の誕生日に良い思い出が無いんです。
学生時代、わりと、友達、少なかった、かも、はい(笑)
だから思いっきり豪華なパーティーにしてやろうと思ってw
あんな感じの映像になってます。
良質なHipHopのVideoが出来たと思います。
濱村監督マジ最高。Big up

そして
「Atonement」
http://youtu.be/zUQIlXMFiSY

テーマは贖罪。ひたすらHipHopに謝りたかった
8年クラブで歌い、そしてメジャーシーンに行き、違う舞台で5年。
足して13年音楽に携わり感じた事。
情愛、葛藤、決別、謝罪、覚悟、、etc
色んな思いが詰まり過ぎてる。
未だにこの曲を聴いて、謳って、涙する自分がいます。
両A面構想は一年以上前からあったので
映像も含めBirthDayとバランスをとりました。
この曲好きっていう同業さん多いんだよなぁ。ありがたい


そして両曲ともpro.ZETTON
説明不要のビートメーカー。
俺、今回のリリースで一番の出来事は
ZETTONというビートメーカーと知り合い、酒を飲み、
仕事をした上でちゃんとリンクが出来た事だと思っています。
それほどの人だった。
作家として多忙な中、mixまで仕上げてくれたのは
この上ない幸せな事ですね。
超機材マニアな彼のスタジオで創られたビートは
とにかく太い、濃い、重い。
メロも好きでだけどビートがとにかく好き。
組み上げているところを生で見たんですが芸術的でした。
レコーディングは自分のスタジオでしたけど
トラックメーカーと直に会い、
リアルタイムで自分も音作りの行程に参加したかったので
氏が拠点とする福岡まで飛びました。
ビートを作り終えて、一緒に飲んだ酒が
本当に美味しかったし、潰されたし(笑)
データのやりとりが主流だけど、
音楽による「人との出会い」 そしてそこで生まれたものが
曲に勢いや魂を与えるんじゃないかと思っています。
俺は「人間」としての繋がりを大事にしたいです。
福岡で過ごした3日間は俺の宝です。
INSIDE MUZIC/高木商店のみんな、愛してます。

マスタリングは安定のTom Coyne from sterling sound
マスタリング料金とか初めて知ったw
インディーワークスは本当に勉強になる!


さてさて、そんなこんなでリリースされた今回のシングルですが
思った以上の反響を頂いてます。
「チャート結構いくんじゃないの?」とか言われるけど・・・

はっきり言うとチャートとか

ど〜でもいいです

俺、ソロワークスで気付いてしまったんだけど
この音楽シーンのチャート至上主義ってやつがどーも苦手らしいです。。
もちろんチャート番組とか見てて楽しいし、
上位に入れば嬉しいし感動もある。
けどチャートはあくまで「結果」です。
そこを狙うような音楽を作ることは
「商品」としては正しいのかもしれないが
「作品」としては正しくない。
レーベルやプロダクションの仕事であってアーティストの仕事ではない。
まぁ金曜日にリリースしてるので分かる人は分かると思いますが・・・

俺から言えるのは一つです。
聴いてほしい、見てほしい。
それだけです。


今後の活動についてですが、
1年は全国のクラブを回らせてもらおうと思います。
既に各地の同士が「いつでも準備万端」と呼んでくれている。
もうね、マジ幸せ。がっつりリンクしましょう!
そしてまだまだ知り合いたい人がたくさんいます。
自分からも行きます!

そしてアルバムを出したら日本でツアーを組みたいと思います。

そしてその後は、東南アジア圏への進出を企ててます。
韓国、タイ、シンガポール、マレーシア、、
そこにはダンスミュージックにおける
巨大なマーケットが存在するのだよ。
もう小さなパイの奪い合いはうんざり。
ツテもアテも無いし玄関口も知らない。
けど音楽に国境は無いしね。
コケたら笑ってやってw

というわけで長くなりましたが
TOC 始動です。
これからよろしくお願いします。
冒頭の医師に言われた通り



死ぬまでHipHopに殉じます



2013年10月4日
TOC
[PR]
# by toc_dress | 2013-10-04 00:00 | 報告

報告

医者「あなたは大変な病気にかかっています。」



TOC「ええっ!?」



医者「この病気は放っておくと…そうですね、余命2年といったところでしょうか」



TOC「そ、そんな!!」



医者「こんなになるまで放っておくなんて…」



TOC「先生!俺は何ていう病気にかかってるんですか!?」



医者「…診断を言います。あなたの病名は
純度100%のHipHopをやんないと死んじゃう病』です。」



TOC「なっ!!」



医者「相当な自覚症状があったことでしょう?」



TOC「・・・」



医者「クラブに行って他ラッパーのLIVEを見ると、震え、激しい動悸といった症状は超きませんでしたか?」



TOC「はい…起きました…」



医者「無意識の内にDJのサイドに入った事は?」



TOC「ある…らしいです。仲間から聞きました…」



医者「フロアでその肩の古傷が開くまで踊った事は?」



TOC「・・・」



医者「正直に答えて下さい!」



TOC「すっすいません!あります…」



医者「やはり…そうですか。TOCさん正直に言います。このままでは非常に危険です。」



TOC「そんな…。先生!!俺はどうしたらいいんですか!?」



医者「あなたに残された道は2つに1つです。 このまま静かに最後の時を迎えるか…」



それとも・・・



-----------------------------


はい、冗談でーす
というわけでTOCです!
今、このページを開いてくれてる皆さん
色々な方がいると思われますが
本日皆さんにご報告があります。


私 TOCはこれから
ソロ活動を行っていく事になりました!



ただし、現在活動している、


Hilcrhyme(ヒルクライム)と並行してやっていきます!


1年くらい前から考えていた事なんですが
僕にはHilcrhymeと別にやりたい音楽があります。
ソロではもちろん「TOC」という名前でやっていきます。
今日はそのご報告まで


ただ、ソロでやる!と言っても
具体的な事はまだ全然決まってません。
音源も無ければ、オフィシャルサイトも無い。
ディストリビューションはどうするのかすら決まってません。
メジャーでやるのか、それともインディーか?
ただやりたい事は明確にあるので
諸々ゆっくり決めていきたいと思います。


この報告に至るまで沢山の方に相談させてもらいました。
事務所やレコード会社、昔からの友人、
けど、ほとんどの人がこの考えに賛同してくれました。
中には「おかえり」と言ってくれる人までいました。
本当に幸せです


このソロプロジェクトに沢山の人が興味を持ってくれました。
正直信じられないような大先輩のラッパーからも。
トラックもヤバいのが沢山揃ってきてます。

先日「HOODFINEST」Pro.DJ ISSAY aka BE DA BEATZに
参加させてもらいましたが、
あれが僕にとってソロの狼煙となりました。
今まで内に籠っていた自分の世界が
どんどん広がっていくような感覚
沢山の評価を頂いて涙が出る程 嬉しかったです。
素晴らしい音源に参加できた事を誇りに思います。


皆さまにお伝えしたいのが
ソロではたくさんの人と絡んでいきたいです。
この記事を見てる無名、有名問わず
プレイヤー、クリエイター、オーガナイザーの方々。
どうぞTOCをよろしくお願いします!
ていうか僕の方からガンガン行きますので!
映像制作やウェブ制作、写真やもちろん音源制作も含めて
ヤバい!と思った色々な方と仕事がしたいです!
ディレクションは僕には出来ません。


そしてHilcrhymeのファンの方々へ
チームは変わらずにこれからも進んでいきます。
先日もシングル、アルバムと情報が解禁され
2013年頭にはツアーも決定しています。
今までと変わらずにいや、今まで以上に
皆を楽しませていきます

ソロをやる事によって薄まるとか衰えるとか
そういう事は一切ないです。
逆に勢いは増していくと僕は確信しています。

例えば!
ヒルクライムのツアーと連動して
夜はTOCのクラブツアーとか…
めちゃめちゃ楽しそう
考えただけで今からニヤけてしまう。。


というわけで長文になってしまいましたが
皆さま暖かくノンビリ見守っていてやって下さい。
冒頭の医者とのやりとりはフィクションでギャグですが
書いてある内容はわりと近いものがあります。

最後はHOOD FINESTのマイバースから1小節引用して
この報告の文を締めようと思います。







HIPHOPが

やりたいの



2012年10月4日
TOC
[PR]
# by toc_dress | 2012-10-03 23:32 | 報告