報告

医者「あなたは大変な病気にかかっています。」



TOC「ええっ!?」



医者「この病気は放っておくと…そうですね、余命2年といったところでしょうか」



TOC「そ、そんな!!」



医者「こんなになるまで放っておくなんて…」



TOC「先生!俺は何ていう病気にかかってるんですか!?」



医者「…診断を言います。あなたの病名は
純度100%のHipHopをやんないと死んじゃう病』です。」



TOC「なっ!!」



医者「相当な自覚症状があったことでしょう?」



TOC「・・・」



医者「クラブに行って他ラッパーのLIVEを見ると、震え、激しい動悸といった症状は超きませんでしたか?」



TOC「はい…起きました…」



医者「無意識の内にDJのサイドに入った事は?」



TOC「ある…らしいです。仲間から聞きました…」



医者「フロアでその肩の古傷が開くまで踊った事は?」



TOC「・・・」



医者「正直に答えて下さい!」



TOC「すっすいません!あります…」



医者「やはり…そうですか。TOCさん正直に言います。このままでは非常に危険です。」



TOC「そんな…。先生!!俺はどうしたらいいんですか!?」



医者「あなたに残された道は2つに1つです。 このまま静かに最後の時を迎えるか…」



それとも・・・



-----------------------------


はい、冗談でーす
というわけでTOCです!
今、このページを開いてくれてる皆さん
色々な方がいると思われますが
本日皆さんにご報告があります。


私 TOCはこれから
ソロ活動を行っていく事になりました!



ただし、現在活動している、


Hilcrhyme(ヒルクライム)と並行してやっていきます!


1年くらい前から考えていた事なんですが
僕にはHilcrhymeと別にやりたい音楽があります。
ソロではもちろん「TOC」という名前でやっていきます。
今日はそのご報告まで


ただ、ソロでやる!と言っても
具体的な事はまだ全然決まってません。
音源も無ければ、オフィシャルサイトも無い。
ディストリビューションはどうするのかすら決まってません。
メジャーでやるのか、それともインディーか?
ただやりたい事は明確にあるので
諸々ゆっくり決めていきたいと思います。


この報告に至るまで沢山の方に相談させてもらいました。
事務所やレコード会社、昔からの友人、
けど、ほとんどの人がこの考えに賛同してくれました。
中には「おかえり」と言ってくれる人までいました。
本当に幸せです


このソロプロジェクトに沢山の人が興味を持ってくれました。
正直信じられないような大先輩のラッパーからも。
トラックもヤバいのが沢山揃ってきてます。

先日「HOODFINEST」Pro.DJ ISSAY aka BE DA BEATZに
参加させてもらいましたが、
あれが僕にとってソロの狼煙となりました。
今まで内に籠っていた自分の世界が
どんどん広がっていくような感覚
沢山の評価を頂いて涙が出る程 嬉しかったです。
素晴らしい音源に参加できた事を誇りに思います。


皆さまにお伝えしたいのが
ソロではたくさんの人と絡んでいきたいです。
この記事を見てる無名、有名問わず
プレイヤー、クリエイター、オーガナイザーの方々。
どうぞTOCをよろしくお願いします!
ていうか僕の方からガンガン行きますので!
映像制作やウェブ制作、写真やもちろん音源制作も含めて
ヤバい!と思った色々な方と仕事がしたいです!
ディレクションは僕には出来ません。


そしてHilcrhymeのファンの方々へ
チームは変わらずにこれからも進んでいきます。
先日もシングル、アルバムと情報が解禁され
2013年頭にはツアーも決定しています。
今までと変わらずにいや、今まで以上に
皆を楽しませていきます

ソロをやる事によって薄まるとか衰えるとか
そういう事は一切ないです。
逆に勢いは増していくと僕は確信しています。

例えば!
ヒルクライムのツアーと連動して
夜はTOCのクラブツアーとか…
めちゃめちゃ楽しそう
考えただけで今からニヤけてしまう。。


というわけで長文になってしまいましたが
皆さま暖かくノンビリ見守っていてやって下さい。
冒頭の医者とのやりとりはフィクションでギャグですが
書いてある内容はわりと近いものがあります。

最後はHOOD FINESTのマイバースから1小節引用して
この報告の文を締めようと思います。







HIPHOPが

やりたいの



2012年10月4日
TOC
[PR]
by toc_dress | 2012-10-03 23:32 | 報告